6月例会 開催報告

6月21日(日)、梅雨真っ盛りですが、県をまたいだ移動の自粛も解けて、梅雨の晴れ間は夏日という異常気象のなか、とっても久しぶりの田町例会を開催いたしました。
コロナ禍で開催できなかった間……会田先生は大腸癌で手術、浅賀さんはギックリ腰で仕事が出来なくなり。千木良さんは足首を骨折……などなど、色々とニュースが有ったようです。
いつもの和室は定員を十名と限られてしまい、この先全員を受け入れることが難しいようです。
早くコロナ禍が納まってくれることを願うだけですね。
窓を開けて風通しを良くしての例会ですが、どうしても密集、密接は避けられないので、その辺は今後の課題、ということで。

紫陽花、咲き始め
コロナでバタバタしている間に紫陽花の季節ですね

・大腸がんの経過報告
・臓象学ノートより
 肺経について(会田)

・経絡経穴流注(前田康)
 神門、少府、少衝

・臨床報告(浅賀)
 急性腰痛の経過報告

・「鍼医入門」より(深瀬)

会田先生も深瀬先生も「飲んで帰ったら怒られる」とのことで、飲み会はなしで解散でした。
このままコロナが自然消退してくれることを願いながら、また来月。
7月の例会は19日(第3日曜日)となります。
3月から5月までお休みしたので8月にも例会を開催いたします。8月は23日(第4日曜日)を予定しております。
それまで、鍼で免疫を上げて、コロナに負けないように頑張りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA